マレーシア移住

【移住準備】0円で番号そのまま◎海外移住者は楽天モバイル一択!

海外移住についてまわる『携帯どうするの問題』

マレーシア移住に向けて色々やらないといけないことはあるものの、これはまだ先でいいか~に分類するものって結構あると思うんですが、その中の一つが「携帯どうするの問題」

マレーシアでは現地のSIMを使用する予定ですが、

  • 知り合いや、各種機関への変更連絡が正直面倒くさい!!
  • 一時帰国したときにすぐ使いたい。

などなどの理由から、日本の携帯番号も保持したいというとい気持ちがあります。

そこで色々調べた結果、海外移住者には[楽天モバイル]一択!!という結論に至りました。

そして、ちょうど契約していたソフトバンクが、2022年2月に2年縛りをなくしたので、よいタイミングと思い、
先日キャリア変更しました!

ということで、この記事では、「楽天モバイルがどうして海外移住者にオススメなのか」と「楽天モバイルの注意点」
個人的な体験談として「ソフトバンク→楽天モバイルへのMNP乗り換えの手順」をまとめてみます。

楽天モバイルが海外移住者にオススメな理由

ズバリ、

0円で日本の携帯番号を維持できる!

もう、それに尽きます。

こといく母
0円!!!???!??!?!?!

0円の理由は、楽天モバイル の提供している「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」というシンプルなプランにあります。
楽天モバイルはキャッチコピー「すべての人に最適なワンプラン」のとおり、至極シンプルな1プランのみを提供しています。

楽天モバイルHPより引用

海外移住者はこのプランの中の、データ利用量=「1GB」までという部分に該当するため、
0円で使用(番号を維持)することができるという仕組みです。

「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」の料金ページを確認してみる

これを利用すると、普段の通信は現地SIMを使用しつつ、日本の携帯番号も0円で維持でき、 一時帰国の際には、すぐにSIM差し替えで元の番号を使用できるので、めちゃめちゃ便利です。

移住に向けて色々調べましたが、やっぱり皆さん最終的に行き着くのは楽天モバイル になっているなぁ~という印象です。

2000年代に海外留学してた身としては、留学中に番号を変更した友だちとは疎遠になり(そしてmixiで再度連絡取り合う時代w)、一時帰国の度に親の携帯とか使って友達に連絡してたのでw 本当に画期的でありがたすぎるサービスです!!!

楽天モバイルの注意点

ただし!楽天モバイルの契約に際して注意しないといけない点もあります。

このプランが適用されるのは、1回線目のみ!(2回線目からは月額使用料が0~3GBまで1,078円)
 180日間利用していないと、回線が停止される場合がある
 現在使用している端末が対応していない場合がある

ここでの「180日間利用していない」とは、月額0円での利用ということではなく、一切データ通信などが行われていない(要は、放置されている)ような場合に該当します。また、いきなり停止というわけではなく、事前に通知があるようですが、
これを避けるために、定期的にSIMを入れ替えて1GB以内のデータ利用をしないといけません。

私は、よく考えずに楽天モバイルを物理SIMで申し込んでしまったので、
マレーシアでのSIMも物理SIMだったら、SIMをわざわざ入れ替えないといけないので少し面倒くさい、、というか忘れそうでちょっと怖い!カレンダーに登録しておかないと。。

あとは、私のように現在使用している端末をそのまま使用する場合、
事前に対応端末を確認してください。

対応端末 を確認してみる

もちろん新たに端末を購入も可能です◎

【経験談】ソフトバンク→楽天モバイルへのMNP乗り換えの手順

私の場合、以下の手順で乗り換えをしました。
ちなみに端末はソフトバンクで購入したiPhoneをそのまま使用するパターンです。

締め日の確認&乗換え日の決定[Mysoftbank]
残っている端末料金を一括支払いの手続き[Mysoftbank→チャット]
iPhoneのSIMロック解除 [Mysoftbank]
ソフトバンクでMNP予約番号を発行[Mysoftbank→電話]
楽天モバイルに申し込み [楽天モバイルHP]
楽天SIM到着後、SIMの差し替え
乗り換え完了!

一度も実店舗には行かず、すべて自宅で手続きは完了しました。

思っていたより全然楽だった!!

それぞれの手順については、公式の案内に従ってやればどれも問題なく進めることができたので
操作内容の詳細は省きます。

締め日の確認&乗換えスケジュールを立てる

ソフトバンクの場合、ユーザーによって締め日が違うんだそうです。
これはMySoftbankで確認できます。

この乗り換えタイミングを誤ると、新旧ダブルで月額料金がかかってしまうことになってしまうのでここのチェックは大事!

私の場合は、『月末締め』だったので、月末付近に乗換え手続きをしようと計画を立てました。 物理SIMなので到着するまでの日数とかも少し余裕を持つため最終週に入る直前くらいで実際に動き始めました。

残っている端末料金を一括支払いの手続き

ソフトバンクのHPを確認すると、端末代の支払いが完了していないと MNPの手続きができないとのことだったので、MNP予約の前に端末代の残りを一括で支払うように手続きしました。 (実際は事前にやらなくても次のステップでもできたっぽい) ちなみにこれは[ソフトバンクショップ来店]or[チャット]の2択だったので チャットで手続きを完了しました。15分くらいでできました。

iPhoneのSIMロック解除

これはいつ端末を買ったかによって、作業が必要かどうか変わるらしいです。 これも対象かどうかをMySoftbankで確認できます。 これも基本的にはMySoftbankの手順どおりにやれば問題なくできました。

ソフトバンクでMNP予約番号を発行

これも手順通りやれば問題なくサクサクとできます。 本来であればMySoftbankから手続きが完結するのですが、 私の場合、途中で「お客様の手続きを進められません」的なことを言われてしまったため、 (おそらく端末料金が残っている関係??)結局、コールセンターに電話して手続きを進めました。 一括支払いの手続きはしたものの、次月の請求に載せる形になっていたため、 この時点で支払い完了していないステータスだったからかな?と予想します。 でも、MNP予約番号の発行自体は問題なくできました。ホッ

楽天モバイルに申し込み

MNP予約番号はSMSですぐ送られてくるので、その番号を使って今度は 乗り換え先の楽天モバイルに申し込みます。 MNP予約番号には有効期限があるので要注意! 特に、オンラインで楽天モバイルに申し込む場合は5日と短くなっているので注意!

楽天SIM到着後、SIMの差し替え→乗り換え完了

楽天モバイルに新規申し込みをしてから、2日ほどでSIMが届きました~!

説明書通りにSIMを入れ替えて、乗り換え完了です!

意外と楽ちんに終わりました、個人的に感動したのはすべて自宅から手続きが済んだこと。

便利な時代になったもんです!

以上、とってもざっくりですが、海外への移住準備として避けては通れない携帯電話の手続き(日本の番号維持)の手続きについて紹介しました。

個人的なメモレベルの内容ですが、どなたかの参考になれば幸いです^^

楽天モバイル 公式サイトを確認する

-マレーシア移住
-