クアラルンプール-2019年6月- 旅行記

【クアラルンプール2019】プトラジャヤ観光(首相官邸とピンクモスク)

プトラジャヤ観光

マレーシア旅行4日目のこの日は、クアラルンプールから少し離れたプトラジャヤというエリアに行ってみました。

 

プトラジャヤ(Putrajaya)

プトラジャヤとは、どんな場所なのかというと、

Wikipediaの説明を抜粋すると・・・

プトラジャヤ(Putrajaya)は、マレーシアの行政新首都として開発中の連邦直轄領。首都クアラルンプールの南方約25kmに位置する。人口はおよそ8万人(2015年)で、ほとんどが政府機関で働く職員とその家族である。

アメリカでいうところの、ワシントンDC的な場所ってとこでしょうか!

政府機関の建物なのか、何の建物なのかはよくわからないのですが、
建物もこんなに立派です!

街並みもこんな感じで綺麗に舗装されていて、クアラルンプールの中心部とはガラッと雰囲気が違います。

「おぉ~さすが!これが行政都市のプトラジャヤか~!」と思ったのも束の間、、

やっぱりマレーシアらしさはここにもありました^^;

めちゃめちゃ穴だらけの側溝w
立派な建物に目を奪われなかがぼーっと歩いてたら落ちます。

更によく見ると、穴がないところもめっちゃ危険・・・・
やっぱりここはマレーシア^^

 

首相公邸のオープンハウス

この日、プトラジャヤに来た目的は2つ!

プトラジャヤに来た目的その1

首相公邸のオープンハウスに行く!

イスラム教のラマダン明けのお祝いの時期だったため、この日は首相公邸が一般に開放される日でした。伝統的な料理が振る舞われたり、色々とお祝いのイベントがあるようです。

ちなみに前年の2018年にシンガポールに行った時も同じ祝日の時期だったので、大統領官邸(イスタナ)に遊びに行き、大統領にお目にかかりました!

シンガポールの首相官邸「イスタナ」オープンハウスの様子
【シンガポール2018】シンガポールの大統領官邸 The Istana[イスタナ]のオープンハウスへ!

 

今回のマレーシアでの首相公邸オープンハウスも、誰でもOKということだったので、これは是非行ってみないと!と張り切って行ってみました。

クアラルンプール市内からGrabで約40分ほどで到着!
周辺にはオープンハウスに向かうらしき人がいたのでついて行きました。

マレーシアの人たちは、家族でお揃いの民族衣装を身にまとってとても華やかです!

そして入り口らしき建物が見えてきた・・・民族衣装でカラフル♪

それにしても、、

す、すっごい人・・・

大規模なイベントのため、警察の車両もたくさん停まっていました。

ムネっちも珍しいパトカーを発見して喜んでいました。

こちらは白バイ。

入り口にはオープンハウスの看板(マレー語わからない)

そして目を疑うような

大行列!!!!!!!!!

ええぇぇぇ・・・・・

これ・・・みんな入るために並んでます・・・!

うぉぉぉおお、、、マジか、、、と思いつつ
ここまで来たので覚悟を決めて列に並びました・・・

↑これが並んだ時に撮影したもの。

入り口まで続く行列、しかも列がめっちゃアバウトな並び方で、少し距離をとってると
ガンガン抜かされる(汗)し、

全然前に進まない・・!

そして、このくらいの距離感で並んでいると風が全然通らなくてとにかく暑い!!

途中ミロを配っているワゴンの前を通った時は、ベビーカーでちょっとぐずり気味のムネっちにいち早くミロを回してくれました。子どもには優しい。

ミロを飲んでちょっと落ち着いたムネっちですが、あまりにも暑い状態でこの行列はさすがに命の危険を感じて(汗)途中でギブアップしました。

残念だけ、あれはちょっと無理だった。。。ごめんよ、ムネっち。

こういうイベントは朝早く行かないとダメですね、いつもの感じでのんびりいったら散々な結果に。。またいつかリベンジ!

ということで、プトラジャヤに来た2つ目の目的である、「ピンクモスク」に向かうことにしました。

Grabで移動しようと思っていたのですが、この日は特別に、プトラジャヤ内を循環する無料のシャトルバスが運行しており、それに乗ってピンクモスクまで行けました。ラッキー!

ピンクモスク

プトラジャヤに来た目的その2

ピンクモスク観光!

ピンクモスクと言っていますがこれは通称で、正式名称は『プトラモスク』という名前です。
マレーシアの観光ガイドなんかでもよく「ブルーモスク」と「ピンクモスク」みたいな紹介のされ方をしていますよね。

旅行前半でブルーモスクに行った時の様子はこちら

【クアラルンプール 2019】青と白が美しい『ブルーモスク』へ

 

さて、無事にシャトルバスでプトラモスクに到着しました。

モスク前には円形の大きな広場(プトラスクエア)があり、フォトジェニックな『PUTRAJAYA』の文字が。
でも角度的に全貌の撮影むずいな。。。

うまいこと撮影するとこんな感じになるようです!

そしてここから、首相官邸もみれました。
タマネギのような形の屋根が特徴的!

この日はモスク内には入れないということだったので、外観を見学します。

注意事項が日本語でも記載されていました。
ブルーモスクと同じく、やっぱり日本人の観光客が多いのかな~
月経中の女性が礼拝堂に入れないというのはちょっとびっくり!
え、不浄なものってことなの・・?ってちょっと調べたら、「血」が"けがれ"と見なされるとかなんとか。ほうほう。

この日は、ラマダン明けのお祝いのためイスラム教徒しか入室が許可されていませんので、入れたのはここまで、奥の礼拝堂まではいけませんでした。
(どっちにしろ幼児連れなのでこの時期じゃなくても入れない)

ちなみに礼拝堂の中はこんな様子らしい!
中もピンクなんですね、きれい。

この日は天気がすごく不安定で途中から傘が必要になったりで、ちょっと色々大変でした・・
たいして何もしてないのに、なんかもう疲れてしまった。

ということで、サササッとピンクモスクを見学して、すぐにGrabでまたクアラルンプール市内に戻りました。一回ホテルに戻ってしまうと、また出かけるのが億劫になってしまいそうだったので、直接「セントラルマーケット」へ行きました!その話はまた今度。

プトラモスク(通称:ピンクモスク)
Address: Persiaran Persekutuan, Presint 1, 62502 Putrajaya, Wilayah Persekutuan Putrajaya
Open: 9:00-17:00
HP: http://www.masjidputra.gov.my/
 

-クアラルンプール-2019年6月-, 旅行記
-,

© 2021 こといくたび