【シンガポール2018】やっぱり地下鉄は便利!シンガポールの地下鉄MRT

スポンサーリンク

シンガポールの地下鉄

シンガポールでの移動手段、MRT(地下鉄)について書いてみます。

シンガポール地下鉄(MRT)の駅

シンガポールMRTの基本情報

MRTはMass Rapid Transitの略で、シンガポールの地下鉄、電車のことです。旅行中はMRTでの移動がとても便利です。

チケットの種類

MRTのチケットには3種類あります。

  1. Standard Ticket(スタンダードチケット)
    MRTの乗車チケット、自動券売機で購入可能。目的地までの料金でチケットを購入し、それ以降はチャージをする。
  2.  ez-linkカード:
    MRTとバスの両方に使用できるICカード($12-うち$5はカード代で戻って来ない)
  3. Singapore Tourist Pass(シンガポールツーリストパス):
    乗り放題のパスで、1日券/2日券/3日券を扱っています。

旅行者向けなのはスタンダードチケットなのですが、 私はあまりちゃんと調べて行かず、デポジットが戻ってこないez-linkカードを買ってしまいました…。でもこのカードはMRTもバスも乗ることができるので、後半はバスもよく利用したので、結果的にとても便利でした。

私のMRTに乗車したときの様子

ここからは、実際にMRTに乗車したときの様子を書いてみます。

これが間違えて買ってしまったez-linkカード
とてもかわいいデザイン!シンガポール地下鉄(MRT)のカード

他にも何種類かとてもかわいいイラストがありました。

ez-linkカードは、地下鉄駅内のチケットオフィスで買うことができます。

シンガポール地下鉄(MRT)の駅

ちなみに!MRT・バスの乗車料金ですが、
子ども料金は、年齢ではなく身長で決まります!(笑)

身長が90cm以上の場合、乗車チケットが必要となります。
ムネっちは90cmに満たないのでチケットは不要でした。

シンガポール地下鉄(MRT)の駅

改札を通って、ホームへ。
複数の路線が乗り入れている駅でも、路線が色でわかれて表示されているのでとてもわかりやすいです。

シンガポール地下鉄(MRT)の駅

宿泊したホテルから最寄りの「City Hall」駅です。

シンガポール地下鉄(MRT)の駅

シンガポール地下鉄(MRT)の駅

電車の中はこんな感じ

シンガポール地下鉄(MRT)の電車内

モニターに駅名がしっかり表示されるので、旅行者にも親切。
やっぱり観光大国だけあって、色々と配慮されているなぁと思いました。

ベビーカーをそのまま乗せても全然大丈夫でした。

旅行中、MRTだけではなくバスもとても便利だったので、
バスについてもいつか書きます。

◆MRTの公式HPはこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする