《ガラディナー》とは?タイ プーケットの場合

スポンサーリンク

ガラディナーとは一体? 

年末年始をまたいで東南アジアに旅行をしようとすると、
見かける謎キーワード《ガラディナー》

私も2014年12月から2015年1月の年越しをタイで過ごすまで、生まれてこのかた出会ったことのないキーワードでした。

さて、ガラディナーですが、クリスマスや大晦日のような特別なイベントの時には開催されるディナーのことを指します。主に東南アジアのリゾート地で行われているようです。私個人的には、タイのプーケットで体験しました。

ラフローラリゾートパトンのガラディナー

ちなみにこのガラディナーという言葉、調べると、旅行用語やホテル用語として出てきたりします、それくらい特殊というか、狭い範囲の言葉なんですね。
どおりで人生の中で出会わなかったわけだわ…と納得しました。 

ガラディナー 気になる料金は?強制参加なの?

ガラディナーの料金は、ホテルによりますが、大体4000バーツから8000バーツくらいとかなりお高いです。そして、ある程度のランクのホテルに12月31日に宿泊すると、基本的にガラディナー代が31日の宿泊費に含まれます。その日の夜は予定があって、ホテルでディナーできなくても関係ありません、宿泊者全員です!

ちなみに私の宿泊した、ラフローラリゾートパトンでは、1人6500バーツ(=20,000円くらい!!)でした。

もうひとつ衝撃の事実を言うと、

これ、ドリンク別です。

実際私が参加したガラディナーの様子はこちら。

タイでガラディナーに参加してきました2014年から2015年の年越しはタイで過ごしました。 東南アジアでは、大晦日はガラディナーが開催されるというのが通例となっていま...

ガラディナーレポートのつづきラフローラリゾートパトンのガラディナーレポート第2弾です。 ガラディナーの食事の様子の続きからお伝えします。 第1弾の様子はこちら...

これ、、、現地の物価を考えるとぶっ飛ぶような値段です(〇_〇)

というか、東京でも一流ホテルでお食事できるレベルですよね…
ガラディナー、完全にお祝い事に便乗して旅行者の足元みてます…。

恐るべしビーチリゾート!

探せば中にはガラディナー参加が必須でなかったり、ガラディナー自体がないホテルもあるようなので、経済的に過ごしたい方はそういったホテルを利用するのもいいと思います。

ガラディナーは正装が必要?ドレスコードがある?

少なくともプーケットでは、ほとんどの場合は気にしなくて大丈夫かと思います。
ホテルの規模やランクによっては、正装まではいかなくてもドレスコードがある場合もあるようですが、ドレスコードがある場合はホテルの予約時に、そのこともお知らせしてくれると思うので、何も記載なければ、大丈夫です。
心配な方は、ホテルに問い合わせましょう!

ちなみに私は5つ星のホテルのガラディナーに参加しましたが、ドレスコードは全くありませんでした。ちょっとキレイめな方がいかな?とか思いましたが、実際行って周りを見てみたらTシャツ、ビーサン結果何でもOKでした。

ガラディナー 気になる内容は?

料理

ホテルによって色々ですが、基本的にとても豪勢な料理がふるまわれます。ビュッフェ形式が多く、種類は多岐にわたります。

ラフローラリゾートパトンのガラディナーで見つけたフルーツカービング

タイ料理はもちろんのこと、洋食、中華、シーフード、寿司、デザート、色んなものを少しずつつまんでも胃袋が足りないくらいです。
子豚が丸ごとグリルされていたり、フルーツカービングが並べられていたりド派手な演出があったりします。

その他お楽しみ

ガラディナーでのお楽しみは料理だけではありません。これもホテルによって色々ですが、バンド演奏があったり、ダンスステージ、くじ引き、規模の大きいところだと、子どもが遊べるようなゲームや、キッズスペースがあったりするようです。くじ引きでは、エレファントトレッキングツアーやマッサージ無料券などが景品になったりするようです。

まとめ

さて、ざっくりとガラディナーについて書きましたが、興味でてきましたか?規模の大きいところだと本当に豪華なパーティーになりますし、普段は経験できない旅先ならではの経験になること間違いなしです。

予算と相談して一度くらい体験してるのもよいかもしれません!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする