【アメリカ】独立記念日にむけてワクワクが隠せないアメリカ人

スポンサーリンク

7月4日はアメリカの独立記念日

7月4日は、アメリカの独立記念日です。どんな日で、何をする日などの詳しいことは以下、Wikipediaより引用です。

独立記念日(どくりつきねんび、英: Independence Day)は、1776年にアメリカ独立宣言が公布されたことを記念して、毎年7月4日に定められているアメリカ合衆国の祝日。アメリカでは「独立記念日(インディペンデンス・デイ)」と呼ばれるのがもっとも一般的であるが、単に「7月4日」(”Fourth of July”)とだけ言うことも多い

独立記念日には、各地でパレード、バーベキュー、ピクニック、野球などのイベントが開かれる。また独立記念日恒例の打ち上げ花火は1777年以来の伝統行事である。

各地で花火やパレードとお祭り騒ぎするみたいですね。

星条旗デザインがいっぱい

アメリカに旅行に行ったのが6月後半だったので、この独立記念日に向けて、お店にはアメリカ国旗の星条旗をモチーフにした服やグッズが売られているのを至るところで見かけました。

サンフランシスコでは6月にLGBTのお祭り(San Francisco Pride)もあるので、レインボーに星条旗にまぁ〜賑やかなこと。

いくつか撮った写真を紹介したいと思います。

スカーフとスニーカー

服だけでなくこういった小物まで星条旗!これならまぁ、許容範囲な気がします。

OLD NAVYの星条旗グッズ

Tシャツ

星条旗がTシャツ全面に。でもこれもまだまだOKな範囲。

OLDNAVYで見つけたアメリカTシャツ

WOMEN’S

もうここまで来ると逃げも隠れもしませんレベル。OLDNAVYで見つけたアメリカTシャツ

これはターゲットで見つけたビキニ!ハデハデ!

サンフランシスコのターゲット店内

MEN’S

メンズというか、BOYSですかね。
右のは珍しくよさげデザインで全然わかるけど…..

おいっ、左っ!!!

これはもう、、、仮装の領域。

OLDNAVYで見つけたアメリカTシャツ

the United States of Americaァァァアァー!を全面に出しすぎて、もはやアメリカを通り越して、フランスを感じてしまうパンツ。
しかも50%OFFになっているのが悲しい…。
この時7月4日の1週間前くらいなので、もう売る側も必死です。

OLDNAVYで見つけたアメリカTシャツ

BABY’S

写真がピンボケでドギツイですが…
これ、赤ちゃん用のロンパースです!

“MY FIRST 4TH OF JULY”の文字!これは赤ちゃん着てたらかわいい〜
でもわざわざ7月4日のためだけに買うかと言われると、、、

うん、買わない。

OLDNAVYで見つけた独立記念日ロンパース

まとめ

まとめることもないので…単なる感想です。
アメリカは元々愛国心がすごい国ですが、やっぱり年に1度の独立記念日となると
気合いの入り方が違うなぁ〜という感じでした。

っていうか、

これ買う人いるの?」

「誰が買うんだよ?」

と疑っていましたが、
目の前でドアメリカTシャツをカゴに入れている人いました…。

これらを実際に着て大騒ぎしている光景を当日見てみたい気になりました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする