チャンギ空港からタクシーでジョホールバルへ移動する方法

スポンサーリンク

チャンギ空港からタクシーでジョホールバルへの移動する方法(子連れの場合)


シンガポールのチャンギ空港からマレーシアのジョホールバルまでは約2時間弱
ジョホールバルにはレゴランドがあるので、子連れで観光の場合は、
シンガポール旅行ついでにジョホールバルまで足をのばす人も多いのでは?

今回の子連れ海外旅行では、旅行の後半日程がイスラム教の祭日と重なることもあり、国境付近の混雑や、お店の開店状況などに不安があったので、
ジョホールバルへ行くのを旅の最初にもってきて、
シンガポールのチャンギ空港から直接ジョホールバルに移動しました。

チャンギ空港から国境を越えてジョホールバルに移動するには、
バス、電車、タクシー、ハイヤータクシーなどの選択肢がありますが、
今回は私が利用したハイヤータクシーについて書いてみたいと思います。

ハイヤータクシーを選んだ理由

シンガポールのチャンギ空港から送迎の車へ

さて、まずハイヤータクシーを選んだ理由…それはずばり

一番楽だから!

です!それは同時に一番値段が高いということでもあるのですが、
子連れ旅行はお金を払って快適を買うのがわたし的に大正解だと思ってます。子どものためにも、自分のためにもそれが結局一番良いです。

で、なぜタクシーが楽かというと、

国境越えの手続きが楽 だからです。

シンガポールからマレーシアへの移動は、国境を越えるので、

①シンガポールを出国する時
②マレーシアに入国すると時

の計2回手続きをしなければなりません。
バスの場合は、この2回のタイミングで車から降り、
手続きのために並ばないといけません。

が!

自家用車やタクシーの場合は、車内にいながら手続きができるのです!!

なので、いちいち降りたりする必要がなく、運転手さんにおまかせでよいので本当に楽チンなのです!

え、普通のタクシーじゃダメなの・・?

それならわざわざハイヤータクシーじゃなくても、普通のタクシーでいいんじゃ!?って気もしますが、実はちょっとこれも問題があって、
どうやらすべてのタクシーが国境を越えられるわけではないのです。
国境を越えられる「国際タクシー」ってやつは、決められた乗り場からしか乗ることができません。

つまり、空港から乗ることはできない!のです!

ハイヤータクシー会社

ということで、事前にハイヤータクシーを予約して行くことにしました。
色々見て結局利用したのが「SGMYTAXI」という会社です。
空港からジョホールバル市内のホテルまでSGD90(=約7400円)

https://www.sgmytaxi.com/

実際に予約したときの様子を思い出しながら書いてみます。

事前の予約手順

実際のネットでの予約の手順を以下にまとめてみました。
2018年9月現在のHPの画像を使用しています。

1 HPの予約フォームに必要事項を入力

(1)まずはHPの「BOOKING」をクリック
(2)利用するタイプを選ぶ(選択肢は以下のとおり)

Point To Point(Two Way)往復
Point To Point(One Way)片道
Special Request 特別リクエスト
—————————————————-


———————————————————–

(3)タイプを選ぶと、同じ画面に入力フォームが出てくるので
   入力します。(項目は以下のとおり)
——————————————————————-


———————————————————–

1:名前(フルネーム)
2:電話番号(国番号を含む)
3:メールアドレス
4:国籍
5:ピックアップ日
6:ピックアップ時間
7:ピックアップ住所
8:目的地
———————————————————

 9:人数(左から大人」「子ども(2-11歳)」「幼児(2歳未満)」)
10:自動車タイプ
11:荷物
12:その他問い合わせ

上記を入力して「Submit Form」で完了!

2 受付完了(自動返信)&確認のメール

さて、入力して送信すると、自動返信で
以下のような受付完了のメールが届きます。
このメールには返事しなくてOKです。

その後、入力した内容が記載された、送信内容の確認メールが届きます。

このメールに返信してコンファームしてください
 &
フライトNo.を教えて

とのことなので、返信します。

4 予約確定メール&ドライバー情報

返信をすると、予約が確定メールと、
ドライバーの情報を記載したメールが送られてきます。

ちなみにドライバー情報のメールは、私の場合は利用の前日でした。

ドライバーの名前と、車両の番号電話番号
支払いはドライバーに現金で支払いの旨が記載されていました。

まとめてみると何気にやり取りが多かったですね…。
ともあれ、これで事前の準備はOK!

当日の様子

シンガポールのチャンギ空港に到着
さて、当日!
実は飛行機の到着時間は6:15だったのですが、着いてからオムツ替えたり、入国審査や荷物ピックアップに時間かかったりするから・・・と
待たせてしまうよりはと思い、かなり余裕をみてピックアップ時間を7:30と伝えておいたんです。

が、着いてみたら空港はガラガラ・・・
すべてがスムーズに進み、6:50頃にはもう出てきました。
まだいないかもな〜と思いきや、
フライトを伝えておいたのでバッチリいました!さすが!

両替所に寄らせてもらって、車に乗り込みます。
大きい車!利用するのが2人だけで乗るのがもったいないくらい。
家族旅行で大人数いたりすると利用する価値がさらにありそう。

シンガポールのチャンギ空港から送迎の車へ

目的地も事前に伝えてあるので、あとはおまかせです〜
らくらく〜

シンガポールのチャンギ空港から送迎車で移動

途中、国境を越える時にパスポートをドライバーさんに渡すと
国境での手続きも全部やってくれます。

国境では、係の人がパスポートを確認して一応
車内をのぞいて顔を確認します。

唯一質問されたのは、息子を指して
「What’s his name?」と聞かれたっけかな?

でも本当その程度でした。

まとめ

以上、こんな感じです!
空港からジョホールバルへハイヤータクシーを利用する方の
参考になればと思います。

バスや電車と比べてしまうとめちゃくちゃ高い移動手段になってしまいすが、非常に便利で快適です。

やっぱり子連れだと、子どもが泣いたり大暴れしたりする心配があるので、
その不安が取り除かれるだけでも精神的にとても楽です。

子どもが大騒ぎしても、
荷物が多くても、
ベビーカーがあっても問題なし!

さらに

出国&入国の手続きも車から出なくてOK!

対応もとっても満足でした。