【シンガポール2018】マリーナベイサンズのモールのフードコードで夜ごはん

スポンサーリンク

ショッピングモールのフードコードで夜ごはん

マリーナベイサンズモールのフードコート

シンガポール1日目の夜ごはんについて書きます!

前回の投稿では、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイでスーパーツリーのショー『ガーデン・ラプソディ』を堪能したところまで書きました。

スーパーツリーの光のショー「ガーデン・ラプソディ」ガーデンズ・バイ・ザ・ベイを散策して、外が暗くなるのを休憩がてら待ちました。そして辺りはすっかりと暗くなり...

ショーを観た後、マリーナベイサンズのショッピングモールに戻り、フードコートでごはんを食べました。

ザ・ショップス・アット・マリーナベイサンズのフードコート「ラサプラ・マスターズ」

マリーナベイサンズのモール

ザショップスアットマリーナベイサンズの地下2階にはフードコートがあり、気軽にごはんを食べることができます。約900席もの座席がある大規模なフードコートです。

私たちが行ったのは、もう21時ちかくだったのですが、
写真のとおり大勢の人がいて、空いている席を探すのにひと苦労した程でした。

マリーナベイサンズモールのフードコート

マリーナベイサンズモールのフードコート

シンガポール名物のチキンライス

いろんなお店があるフードコートですが、せっかくシンガポールに来ているので、シンガポールっぽい料理を食べたいところ。

ということで、私が選んだのは「チキンライス」

マリーナベイサンズモールのフードコート

シンガポールで食べられているチキンライスは、
HAINANESE CHICKEN RICE(海南鶏飯)というもので、茹でた鶏と、その茹で汁で調理されたライスを一緒に食べる、定番の庶民料理だそうです。

マリーナベイサンズモールのフードコート

マリーナベイサンズモールのフードコート

チキンライスのお店の店先には大体このように、鶏がぶらさがっていているのでとてもわかりやすいです。

茹でた鶏の他にも、ローストされた鶏もあります。

マリーナベイサンズモールのフードコート

私は茹で鶏にしました。

マリーナベイサンズモールのフードコート

って・・・

あれ、鶏肉うっす・・・・(´・_・`)

おーーーい、ぺちゃんこじゃないかーー!!!

なのにライスはモリモリ!

鶏肉には生姜のタレがかかっています。

味は普通に美味しかったです。だがしかし、やはり鶏肉はもうちょっとボリュームがほしかったぁー。そこだけちょっと残念でした。

ちなみに息子ムネっちはちょうどよく寝てくれてゆっくりご飯を食べることができました。ありがたし(´ω`)

スムーズにごはんを食べ終わり、マリーナ側の夜景を見に行くことに。シンガポールのフードコートは、清掃員がいるのでテーブルの上にそのまま放置でOKです。

ショッピングモールからの夜景

ショッピングモールを出てマーライオン方面の対岸の夜景です。

シンガポール夜景

ここでも地べたに人がずらーっと座って寛いでいます。
オフィスビルが多いせいか、都会的な夜景が広がっています。
香港の夜景みたい!と思いました。

そんな感じで1日目終了。

タクシーで帰ろうと列に並んでいたのですが、なんだかザワザワ・・・
列が完全に止まってしまい、何事かと思っていたら、、、

マリーナベイサンズモールのタクシー乗り場

なんと・・・!!!!

この日同じく、マリーナベイサンズやガーデンズ・バイ・ザ・ベイを観光していた北朝鮮の金正恩総書記がちょうど通りを挟んで向かい側のマリーナベイサンズから出てくるところでした!!

目の前の道は完全に閉鎖され、無人になった道路を無数の現地白バイやパトカーに先導され、車が通って行くのを見ました。

そして、やっと列が再び動いてホテルに無事辿りつくことが出来ました。
このせいでだいぶ待たされましたが、珍しい経験をしました。(笑)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする