【ソウル2018】タヨのキッズカフェへ

スポンサーリンク

韓国キッズに大人気の『タヨ』のキッズカフェへ

ソウルのキッズカフェ

韓国人の友人ミンちゃんとの再会を果たした今回のソウル親子3代のこといくだび。

前回は、再会後に連れて行ってもらった龍山のタッカルビ屋さんの紹介でした。

韓国の友人と念願の再会ホテル(ホテルの紹介記事はこちら)で少しゆっくりした後、韓国人の友人(ミンちゃん)と合流しました。ドイツの留学時代に知り合った友だちで...

お互い小さい子どもがいるので、ゆっくりじっくり話すのはなかなか難しく、今回の旅行プランも、子どもをメインに考えてくれました。

ということで、2日目はまず東大門にあるキッズカフェに行くことに!

韓国のキッズに大人気の電車のキャラクター『TAYO』(タヨ)をテーマにしたキッズカフェです。

ちなみに「タヨ」というのは、「乗りま〜す!」みたいな意味らしいです。

ソウルのキッズカフェ外観

DOOTA MALLというショッピングモールの中に入っています。外観からもなんだかすごく楽しそうな雰囲気!!

施設の基本情報

ソウルのキッズカフェ

施設の案内ボードみたいなものを一応撮ってみましたが、ハングルさっぱりわからない( ̄▽ ̄;)

しかもミンちゃんが予約から何から全部やってくれたので、行ったら当時は何にもわかってない私…。帰国してから調べたものを載せておきます。

料金と利用時間

2時間の料金となっています。

  平日 週末
子ども 10,000ウォン 12,000ウォン
大人 3,500ウォン 4,000ウォン

2018年訪問当時のものなので、料金が変更になっているかもしれませんのでご注意ください。 目安としてみてもらえればと思います。

営業時間

東大門のお店の営業時間は、10:30〜21:00

これも訪問当時のものです。
店舗によっても異なると思いますので、行く際はご確認を。

韓国語/中国語/英語だけになりますが、公式HPはこちらです。
(ほしい情報は公式からあまり手に入らなかった・・・)

キッズカフェの様子

さて、ではいよいよ中の様子を!

ソウルのキッズカフェのロッカー

靴を脱いで中に入ります。荷物を入れられるロッカーがあるので、安心です。ロッカーにもキャラクターのイラストが描かれていてかわいい!

ソウルのキッズカフェ

開店と同時に入店したので、まだ人が全然いなく、数グループで貸し切りしているような状態!いろいろ面白そうなものがあって目移りししまくりなムネっち!笑

そんな中一番最初に選んだのはこちらの、砂場風のプレイスペース。

ソウルのキッズカフェ

砂のかわりに、キューブ状の小さなウッドチップが敷きつめられています。

ソウルのキッズカフェ

乗り物大好きマンのムネっちは、もちろん工事現場の車両も大好きで、工事現場のマネごとをして遊んでいます。

ソウルのキッズカフェ

しばらくしたら他の子どもも来ましたが、まだまだ余裕の貸切状態。この贅沢さ!

ソウルのキッズカフェ

しばらく遊んで、でも他の場所も気になるので、またウロチョロし始め、次に見つけたのが、消防士コーナー(あっ、名前は私が勝手に付けてるだけです(*^。^*)

火災現場と、ホースがついた消火栓。

ソウルのキッズカフェ消防士なりきりコーナー

そして消防士の服と帽子も用意されています。

ソウルのキッズカフェ消防士なりきりコーナー

こんな感じになりきって遊べます。

ソウルのキッズカフェ

これは子どもは大喜び。(そして大人にとってもいい写真スポットです!)

消防士の服がぶかぶかなのがまたかわいい(≧▽≦)

ソウルのキッズカフェ

他にもなりきりシリーズはあって、病院でお医者さんごっこができるスペースもあります。

ソウルのキッズカフェ

ソウルのキッズカフェ

ムネっちはお医者様にはさほど興味はないらしく、お人形をベッドに寝かせてここは終了…。

ここにもなりきりグッズとして、白衣があり、体温計とか、聴診器のおもちゃがあって、なかなか面白そうでした。

こちらはタヨのミニカーに乗ることができるコーナー!
このコースを2周できます。

ソウルのキッズカフェ ミニカー乗り場ソウルのキッズカフェ

案内ボードが出ていますが、ハングルはサッパリ・・・。
5歳未満もしくは、身長が100cmに満たない場合は、保護者の同乗が必要とのことです。ムネっちはこの条件を満たしていなかったので、私も一緒に乗りました。

次に来たのはトランポリン。

ソウルのキッズカフェ

ソウルのキッズカフェ

初トランポリンに怯えながら(基本ビビリな性格)ちょっと不自然な体勢で跳んでました。

でもうまく跳べなくてすぐにやめる。笑

トランポリン横には赤ちゃん用のバウンサーとおもちゃ、親もちょっとゆっくりできそうなスペース。写真には撮っていないですが、もちろん授乳室、オムツ交換できる部屋もあります。

ソウルのキッズカフェ

さらにその横にはおままごとスペース

ソウルのキッズカフェ

ムネっちはおままごとも大好き男子なので、ここでもおままごとを満喫。ショッピングカートがあって、お買い物からおままごとができます!

ソウルのキッズカフェ ままごとコーナー

次はここ。

ソウルのキッズカフェ

下のスペースは、小さいタヨのおもちゃに乗って走ることができるコース。

タヨキッズカフェ

上のスペースには、レゴブロックで遊べるスペースや、

タヨキッズカフェ

本を読めるスペースも。

ソウルのキッズカフェ

そしてこれぞプレグラって感じの障害物のようなものがあって、奥には、、、

ソウルのキッズカフェ

ソウルのキッズカフェ

シューティングゲーム風な装置!カラフルでかわいい。

装置の上からボールを入れて、

ソウルのキッズカフェ

ボタンを押して、ボールを発射!

ソウルのキッズカフェ

この的を狙います。

ソウルのキッズカフェ

その横には滑り台とボールプール

ソウルのキッズカフェ

ボールプールのところに人形があって、それが怒ったタイミングでボールを口にいっぱい入れて退治!みたいな仕組みなのですが、ムネっちはその様子を上から見てるだけで怖気づき、この滑り台を滑ることはありませんでした。笑

さて、遊ぶエリア、まだまだあります!

次は施設全体の奥へ。奥は小さい子用のトランポリン。

ソウルのキッズカフェ

大きめのブロック。

ソウルのキッズカフェ

こっちは少し小さい子向けのエリアになっているのかもしれません。

そしてまた別のキャラクターが登場。

ソウルのキッズカフェ

ここはタヨのミニカーで遊べるスペース。

ソウルのキッズカフェ

車のおもちゃ大好きなので、ここでしばらく遊びました。

ソウルのキッズカフェ

あまり写真撮れていないですが、遊ぶスペースの傍らに飲食できるテーブルなども設置されていて、そこでは食べたり休憩することができるようです。

入口付近には売店と、食べるスペースもあります。

ソウルのキッズカフェ 売店

2時間たっぷり遊びきった後は・・・

こんな感じでTAYOのキッズカフェで2時間たっぷりと遊びました。
写真で紹介したとおり、い〜っぱい遊べるものがあって飽きません。
アクティブに遊びたい子、おもちゃやブロックでじっくり遊びたい子、なりきってごっこ遊びしたい子、本を読みたい子、などなど、いろんなニーズに対応できるようになっています。

大きい子ども向け、小さい子ども向け、とエリアもなんとなく分けられているのも安心です。施設全体としてもそこまで広くないので、迷子などの心配もなく、床はフカフカで安全面も十分配慮がされていて、とにかく2時間めいっぱい遊ばせることができました。ムネっちも大満足の様子。

時間になってしまったので、次はフードコートへお昼ごはんを食べに行きました。その様子はまたこんど。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする