【サンフランシスコ2017】グレース大聖堂のみどころ

スポンサーリンク

グレース大聖堂

グレース大聖堂

サンフランシスコ最終日の4日目、午前中はフェリービルディングとパレスオブファインアーツに行き、In-N-Out Burgerでお昼を食べて一旦帰宅しました。

少し休憩して、何となく荷造りなども進めて、夕方また出かけました。

行き先は、滞在先から徒歩5分ほどの場所にある、Grace Cathedral グレース大聖堂です。近くに住んでいる、現地在住の友だちも合流して、中を覗いてみました。

グレース大聖堂について

グレース大聖堂

せっかくなのでまた調べました。おなじみのWikipediaさんより

1849年のカリフォルニア・ゴールドラッシュ時に「グレース教会」として建てられた。最初は小さな礼拝堂であったが、3回の改築を経て規模が拡大し、グレース大聖堂へと名を改めた。1906年のサンフランシスコ大地震で火災に遭い、当時の建物は崩壊した。その後に銀行家のクロッカー一族が持っていたノブ・ヒルの土地を寄付され、現在の所在地に移った。現在の建物は1927年から建築が始まり、1964年に完成している。

外観は、パリのノートルダム大聖堂を模しているそうです。

扉の取っ手がイルカになっています。かわいい!

グレース大聖堂の扉のイルカ

大聖堂内の床には、ラビリンス(迷路)があります。このスパイラルのパターンの上を歩きながら瞑想するのだとか。


Wikipediaより By Marlith

内部の様子

教会って独特の雰囲気があります。緊張感が漂います。

グレース大聖堂

お祈りの時にヒザをつく所?刺繍がとてもきれいです。

グレース大聖堂

教会の中でヨガ!?

グレース大聖堂でのヨガの様子

この日は火曜だったのですが、なんとこのグレース大聖堂、毎週火曜に「ヨガ」を開催しているようで、ちょうど私たちが行った時に、その準備をしていました。

中に入るとラビリンスの上によくわからない楽器、そしてそれを取り囲むようにヨガマットが敷かれていました。

グレース大聖堂でのヨガの様子

教会の中でヨガって…。

なんか…

自由ですね!

友だち曰く、ヨガをやり始めた頃は数人しか集まらなかったのが、今や大人気イベントなんだそうな。参加費はドネーションベースで$10-$20とのこと。ちょっとやってみたいかも。

みどころ

ヨガの準備中でも中を見学することができました。
よかった〜

ステンドグラス

グレース大聖堂のステンドグラス

教会といえはステンドグラス。とてもきれいです。

このステンドグラスの中には、アインシュタイングラスと呼ばれる、アインシュタインが発表した関係式E=mc²が埋め込まれたものがあるらしいのですが、事前調査不足で、ただぼけーっと眺めて終了しました(´・_・`)

キースへリングの最後の作品

グレース大聖堂キースへリングの遺作

The Life of Christ(キリストの生涯)by キース・ヘリング
名前聞いてもピンとこないかもしれませんが、このイラストは見覚えある人も多いのでは?エイズで亡くなったキース・へリングがエイズ撲滅を願って制作した作品だそうです。

いろいろな宗教シンボル

キースへリングの作品の両側には、様々な宗教のシンボルが飾られています。
キリスト教の聖堂なのに、他の宗教のシンボルって!?アリなの!?
無宗教な日本人の私にとってはこの辺は理解が追いつきません…。

グレース大聖堂の宗教シンボル

グレース大聖堂の宗教シンボル

レインボーにライトアップされた礼拝堂

グレース大聖堂のレインボー

サンフランシスコでは6月にLGBTのイベントがあるので、この時期はレインボーにライトアップされていました。

グレース大聖堂のレインボーライトアップ

そこで、また疑問・・・

「あれ、キリスト教って同性愛いいんだっけ?」

と現地在住の友だちに聞くと、

「あー、うん!この教会はねー結構そうゆうのOKなんだよ〜!」と言ってました。

え、そうなのσ(´ − ` ;)?

宗教ってムズカシイ!

まとめ

グレース大聖堂、みどころ満載なとても素敵な教会です。
ノブヒルというエリアにあって、ダウンタウンからは結構キツい坂を登ったところにありますが、その価値はありますよ!
みどころいっぱいなので、事前に調査していくとよいです!
私は事前調査不足で、アインシュタイングラスとか見落としました(´・_・`)

Grace Cathedral
グレース大聖堂
住所: 1100 California St. San Francisco
Open Hour:

  日  8:00-19:00
月-金 7:00-18:00
  土    8:00-18:00

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする