【ジョホールバル2018】ホテル周辺をお散歩してヒンドゥー寺院を見学

スポンサーリンク

ジョホールバルのヒンドゥー寺院

宿泊するベロホテルに到着したものの、まだチェックイン時間前だったので、部屋が用意できておらず、荷物を置いて外を散策することにしました。

宿泊したベロホテルについてはこちらの記事にまとめました。

ジョホールバルで宿泊した「Belllo Hotel」日本からシンガポールに到着したその日に空港からそのままマレーシアのジョホールバルに移動してきました。出入国の手続き含...

近くにショッピングモールがあるのですが、
まだ朝の9時すぎだったので開いておらず、ただ街の様子でも見ようとプラプラしてました。

ホテルに荷物を置いて、着替えたり、日焼け止めを塗ったり、荷物を入れ替えたりなどなどこまごまとした準備をして出発!

するとド派手な寺院が目に飛び込んで来たので、行ってみることに。

Arulmigu Rajamariamman Devasthanam
(アルルミグ ラジャマリアマン デバスタナム寺院)

ジョホールバルのヒンドゥー寺院(Arulmigu Rajamariamman Devasthanam)

ジョホールバルのヒンドゥー寺院(Arulmigu Rajamariamman Devasthanam)

のちのち調べてわかったのは、
ここは「Arulmigu Rajamariamman Devasthanam」
(アルルミグ ラジャマリアマン デバスタナム)
※調べても正しい表記がわからなかったので、そのままカタカナ読みを記載しただけです。
というヒンドゥー教の寺院でした。

ヒンドゥー教の作法を全然知らないので、
無礼がないかビクビクしながら(←チキン)門をくぐります。

ジョホールバルのヒンドゥー寺院(Arulmigu Rajamariamman Devasthanam)

寺院の前で僧侶が車にお清め的な儀式をしていました。

ジョホールバルのヒンドゥー寺院(Arulmigu Rajamariamman Devasthanam)

ジョホールバルのヒンドゥー寺院(Arulmigu Rajamariamman Devasthanam)

警備のおっちゃんに、

「中に入っていいですか?」「写真を撮っていいですか?」

と聞くと、「もちろん!靴と靴下をそこで脱いで行ってね!」と、靴を脱ぐ場所を教えてくれました。その横にベビーカーを適当において、裸足になって中へ。

おっと、その前に!どうやら足も洗うようです!

ジョホールバルのヒンドゥー寺院(Arulmigu Rajamariamman Devasthanam)

洗っている人をガン見して、真似します。
・・って、いやただ洗うだけなんですけどね。

足を洗うところに、
『礼拝の場に入るのでこんなこと気をつけてね的なガイドライン』
がありました。

ジョホールバルのヒンドゥー寺院注意書き

他の場所にも禁止されていることがわかりやすく表示されていました。

ジョホールバルのヒンドゥー寺院注意書き

心配性なので、慎重に全項目しっかりチェックして中へ入ります。(怒られたくない)

寺院の中へ

ジョホールバルのヒンドゥー寺院(Arulmigu Rajamariamman Devasthanam)

階段の脇にはお花をもったライオンが鎮座していました。

そして階段をあがって行くと、、
像の色塗りをしているオジサンを発見(笑)
あ、そういう風に塗ってるんですね〜。

ジョホールバルのヒンドゥー寺院(Arulmigu Rajamariamman Devasthanam)

階段をあがると、ゲートのようになっていてそこを通るのですが、
両サイドに鈴がいっぱい付いた壁のようなものがあり、
礼拝に来た人を見ていると、通る時にこれをチリンとならしていました。

ジョホールバルのヒンドゥー寺院(Arulmigu Rajamariamman Devasthanam)

足元にはとても綺麗なタイルが。

ジョホールバルのヒンドゥー寺院(Arulmigu Rajamariamman Devasthanam)

そしてそこを通過すると寺院の本殿的な建物がどーんとみえます。

ジョホールバルのヒンドゥー寺院(Arulmigu Rajamariamman Devasthanam)

周りをキョロキョロとしながら恐る恐る見学..

ビビットな色の像が所々にあって見応えがあります。

ジョホールバルのヒンドゥー寺院(Arulmigu Rajamariamman Devasthanam)

礼拝するとスペースはこのように天井がついているフロアになっていて、床に座っている人もいました。

ジョホールバルのヒンドゥー寺院(Arulmigu Rajamariamman Devasthanam)

中央にこのスペースがあり、その周りをぐるっと囲むように他の装飾や違う神が祀られていました。

ヒンドゥー教ってとにかく神様がいっぱいいるらしく、いろんな像があって、なんか美術館に来たみたい。見てて本当飽きないです。

私も帰って来て、この記事を書くために色々ちょびっと調べた程度なので詳しくはわかってないのですが、、、。

神話にまつわる壁画

礼拝スペースの周りの通路の壁にはこのように神話のワンシーンのような
立体的でカラフルな絵が施されていました。

全然ストーリーを知らないのでさっぱりですが、
なんというか気になる!!!

顔が緑色なのが、どうしても不気味に見えてしまうので、
ムネっち怖がるかな?と思いきや、全然そんなことはなく、
意外にも珍しい光景に興味津々でした!

いろんな神様がいておもしろい

周りにも小さな祠がところどころにあり、見る物がいっぱいです。

ジョホールバルのヒンドゥー寺院(Arulmigu Rajamariamman Devasthanam)

お腹がぽこーんと出ている人も神様なのかな?
七福神と近いものを感じます。

ジョホールバルのヒンドゥー寺院(Arulmigu Rajamariamman Devasthanam)

屋根部分には像がびっしり。高いところにあってちょっと見づらいのが
ちょっと残念。間近で見てみたい。

ジョホールバルのヒンドゥー寺院(Arulmigu Rajamariamman Devasthanam)

こちらはおなじみガネーシャ
なんだか完全アウェイな場所で、知ってる顔を見かけてすごいうれしかった。笑

ジョホールバルのヒンドゥー寺院(Arulmigu Rajamariamman Devasthanam)

顔がいっぱいバージョンも。
何か動物の上に座っているけど、何の動物だ….

ジョホールバルのヒンドゥー寺院(Arulmigu Rajamariamman Devasthanam)

こちらまた別の祠で、僧侶がなにやらやっています。
ヒンドゥー教の僧侶はこういう格好なんだなぁ、初めて見た。

ジョホールバルのヒンドゥー寺院(Arulmigu Rajamariamman Devasthanam)

そんな感じで見学終了〜。
全然縁のない世界をチラッと垣間見ることができました。
神話とか、出てくる神様とかちょっと調べてみようかな〜と思いました。

出て来たら、トラディショナルな衣装を身につけた人を発見!!
めちゃくちゃ綺麗なドレスだったので、写真を撮っていいか聞くと、
快く写真OKしてくれました。
友だちの結婚式があるので正装しているのだそう。

ジョホールバルのヒンドゥー寺院(Arulmigu Rajamariamman Devasthanam)

ということで、全然無計画で行ってみた寺院でしたが
とても見応えがありました!

Arulmigu Rajamariamman Devasthanam
(アルルミグ ラジャマリアマン デヴァスタナム寺院)
住所:1 A, Jalan Ungku Puan, Bandar Johor Bahru, 80000 Johor Bahru, Johor, マレーシア
OPEN HOURS: 5:30-12:00, 18:00-21:00
HP: armdjb.org

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする