【香港2017】香港に来たら絶対に観たいビクトリアピークの夜景

スポンサーリンク

オープントップバスツアー後半【ビクトリアピークで夜景鑑賞】

香港2日目の夜は、オープントップバスのツアーに参加しました。

私が参加ツアーは、以下のような内容でした。

オープントップバス+ビクトリアピークの半日ツアー

尖沙咀のホテルに集合

オープントップバスに乗ってネイザンロードを見学

旺角でバスに乗り換えてピークトラム乗り場へ

ピークトラムでビクトリアピークへ(自由時間)

それぞれのホテルまで送ってツアー終了

前回の投稿では、オープントップバスネイザンロードを走り抜けた様子を書きました。

オープントップバスのツアーに参加香港2日目の最後は、オープントップバスのツアーに参加しました。私たちが参加したツアーはこのような行程でした。オープントップバス...

今回は、ピークトラムに乗ってビクトリアピークから夜景鑑賞をしたツアー後半について書きたいと思います。

旺角オープントップバスから観光バスに乗り換え

ネイザンロードを北上して、女人街がある旺角あたりまで行った後は、
「女人街でショッピングするグループ」と
「ビクトリアピークへ行くグループ」で分かれて、ビクトリアピークに行くグループはオープントップバスから普通の観光バスに乗り換えました。

そしてここでプチトラブル発生….(´-ω-`)

どうやら、当初女人街でショッピング予定だった人たちで、
やっぱりビクトリアピークに行きたい!と急遽プラン変更をした人たちがいたらしく、ツアー催行側もOKしたものの、なんとバスに乗りきれないという事態が発生!
急遽バスをもう1台用意するため、バスの中で40分くらい待たされました

そんなトラブルありつつも、やっとピークトラム乗り場へ

ピークトラムとは、ビクトリアピーク山頂まで行くケーブルカーのことです。最大傾斜角度は23度にもなります。

車内ではピークトラムのチケットが配られました。オープントップバスツアーピークトラムのチケット

ピークトラムに乗車

そんなこんなでピークトラム乗り場に到着しました。

オープントップバスツアーピークトラム乗り場

ピークトラムの乗り場に入って行くと、乗車の列がのびています。
並び列の通路の右側には、トラムに関連する展示があります。

オープントップバスツアーピークトラムの列

オープントップバスツアーピークトラム乗り場

このピークトラム、時間帯によってはとっても混雑するみたいで、
2時間とか待つ場合もあるみたいです。
特に、みんな夜景が観たいので、18時〜19時頃が混雑のピークのようです。

ツアーで参加すると、中には「ピークトラム優先乗車」が付いてるツアーもあるので、待ち時間が心配な方や子連れの方は便利です。

ちなみに、私が参加したツアーも「優先乗車」ありだったのですが、
バスの中で待っている間に、混雑ピーク時間は過ぎたようで、乗り場に行った時にはすでに空いている状態でした。

優先乗車意味ない〜〜

30分おきの運行なので、次のトラムが来るまで20分くらい待っただけでした。

オープントップバスツアーピークトラム乗り場

ガイドさんから「トラムは右側の席がオススメ(夜景がみえる)」と教えてもらったので、右側の席を確保。

オープントップバスツアーピークトラムの中

ビクトリアピーク山頂に到着

8分ほどで山頂に到着!

オープントップバスツアービクトリアピーク

ここで40分くらいの自由時間がありました。
展望スペースに移動して、いよいよ香港の100万ドルの夜景を拝みます。

ちなみにムネっちはバスの待ち時間の間にハッスルしすぎて疲れて寝てました。

オープントップバスツアービクトリアピーク

展望スペースには人がいっぱい!
みんな写真撮りたいので、いいショットが撮れる場所を確保するためみんな必死!!です。

母と交代で写真を撮りましたが、
何回撮ってもらってもブレブレで、他の人なんとなく待ってるし、もう疲れて笑顔もキツいし、最後は「あーー、もういいわ!!」となって退散してきました。。。

これって母親あるある?(´-ω-`)

まぁ夜景だけの写真はバッチリ撮れたし、目にも収めたのでよしとします。

ツアーのまとめと感想

子連れの身の視点で個人的な今回のツアーの感想です。
よかったポイントとよくなかったポイントをまとめました。

ツアーおすすめポイント

◆香港のオープントップバスは観光用のものなので、乗りたい場合はツアーとして参加するべし。

◆子連れだと、ツアー中は基本おまかせなので、楽チンでよい!

◆ピークトラムは夜景めがけて混雑するので、長時間待つのがキツい場合は、優先乗車のあるツアーを利用するとよい!

◆ガイド付きだったので、色々話が聞けてよかった。

ツアーいまいちポイント

◆予想外のトラブルで待たされた…。

◆最後のホテル迄の送迎が、色んなホテルを回るので運悪く最後の方だととても遅くなる。

◆ビクトリアピーク山頂での自由時間はそこまでゆっくりできない。(夜景だけ楽しむには充分)

簡単ですが、こんな感じです。
オープントップバスに乗れるツアーにも、いくつか種類があるので、
自分に合ったプランがあるかどうか是非チェックしてみてください。

⇒香港のオプショナルツアーをチェック(VELTRA)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする